FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者バンドのライブ集客増のために大事な3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今回はバンド、特に初心者~中級者くらいのバンドの話をしましょうか。

私は主にギタリストとして、バンドに参加してきました。

やっぱりギタリストであるからには、華麗なギターソロをさらっと弾いてみたり、

印象的なリフをかっこよく弾いてみたりして、

「すげー!」

「かっこいい!!」

とか言われたいものです。

そのために私たちギタリストはせっせと練習を積み重ねるわけです。

それはそれで非常に大切なことなのですが、今回のお話の前提はバンドでライブをすることです。

その場合、バンドとしてたくさんお客さんを集めて、

ギタリストである自分もたくさんのお客さんに見てほしいわけですよね。

ライブの集客なんてどうでもよくて、自分がギターを気持ちよく弾ければそれでいい

という方は今回のお話向きではないと思います。

てことで、まずはお客さんをたくさん集められるバンドってどんなものか考えてみたいと思います。

私自身が昔思っていたことを例にすると、

1 いいオリジナル曲を作れること

2 演奏力が高いこと

この2つだと思っていました。

これさえできればお客さんは増えていくと盲目的に信じていました。

しかし、結果は大間違いでした・・・。

私がやっていたバンドの

・オリジナル曲がしょぼかった

・演奏が下手だった

これも否定できませんが(笑)

そういうことではなくて・・・


1については、そもそもオリジナル曲を作らなくても、100%コピーしか演奏しない

いわゆるコピーバンドでもお客さんがついているバンドはたくさんあります。

2についても、演奏力の高さとバンドの集客は必ずしも比例していません。

もしプロを目指しているのであれば、1も2も必要なのは間違いありません。

しかし、その場合1・2ともにプロとして当たり前のことであって、客ウケとは直接関係ないのです。

ましてや初心者バンドが1・2を目指すには通常、相当の努力と膨大な時間が必要になります。

なので、当時の私のような初心者バンドの自己満足レベルで

いいオリジナル曲を作れようが、演奏力が高かろうが、

たいしたことではないんです。

それに、いいオリジナル曲を作れて、演奏力が高いバンド自体が

アマチュアでもたくさん存在します。

そんな中で初心者バンドが集客増を目指すには何を努力すれば良いのでしょうか?


集客増のために大切なことは、

「差別化」

「発信力」

「営業力」

の三つかと思います。


「差別化」

これは、いかに他のバンドとの違いを作れるか、演出できるかです。

たとえば、

メンバー全員がhyde並みにルックスレベルが高い

衣装が小林幸子並みに派手

トークがデーモン小暮閣下並みに面白い

・・・極端過ぎますね。

hydeや閣下並みの素材がバンド内にいたらとっくに勝ち組ですね(笑)

まあ、そんな奇跡はそうそう起こらないですが、

要は、他のバンドと同じ土俵で勝負をせず、一つでも勝てる要素を探すなり作るなりして

一点突破を目指すということですかね。

あと、初心者であるがゆえに仕方のないことですが、演奏に必死になりすぎて、

全員棒立ちで手元ばっかり見て弾いているとかもよろしくないです。

お客さんが多いバンドであればあるほどこのような傾向は少ないはずです。

お客さんからすれば、完成度の高い演奏を聞きたいだけならCD音源でも良いわけですからね。

目で見て楽しめるライブを意識するべしです。


「発信力」

これは自分たちのバンドの情報発信をしないとねってことです。

私がバンドを始めたころは、フライヤー作ってチケット手売りして友人知人に電話しまくって・・・

みたいな感じでしたが、今はご存じのとおり全く状況が違います。

HPやブログ、Facebook・Twitter・Youtubeなど、個人でも情報拡散のツールがたくさんあります。

これを使わない手はありません。

ちなみにこのブログはFC2ブログという無料ブログサービスを使っています。
くわしくはこちらをクリック
 ↓ ↓ ↓





このようにツールはいくらでもあるので、あとは情報拡散をする内容が問題ですよね。

ライブ日程の告知だけでは正直弱いと思います。

バンドのロゴを作ると良いと思います。

各種の告知やチケットなどあらゆるものにバンド名とバンドロゴをしつこいくらい

入れておくと、だんだん覚えてくれたりします。

バンドとしてもメンバー個人としてもお客さんに興味を持ってもらえる情報や

キャッチコピーなんかもあるといいですね。

最近はアマチュアバンドのライブでも、ライブハウスで動画を流したりできるので、

PV的なものを作るのもアリです。

私は数年前やってたバンドで打ち合わせなしにライブ直前にPVが流され、

なぜかPV内でギタリスト ジュテームと紹介されていて、その日の対バンの人達からは

いまだにジュテームと呼ばれています(笑)

これも覚えてもらうという意味では成功例かと。

しかし、いつの間にPVを作っていたのか・・・


「営業力」

これは、言い換えると人脈づくりですね。

バンド活動って世間のイメージと違って、意外と社交的でないと務まらない面があります。

私はなんとなく音楽以外何もできない、音楽しか自分を表現する手段を知らない

みたいな人達ばかりなイメージを勝手に持っていたんですけどね。

まあ、こんなイメージ通りの人も少数派ながらいますけどね。(私自身も含めて)

本題に戻ります。

直接お客さんにつながる人脈が重要なのは言うまでもないですが、

他のバンドのメンバーやライブハウスのスタッフさん、PAさん、

楽器屋のスタッフさんなども含みます。

普通、アマチュアバンドって単体でライブをすることなんてまずありえません。

まあ、お金を積めばワンマンイベント開催も可能ですけど普通は大赤字です。

なので、少なくても3バンド位から多いと10バンドとかが、

かわるがわる出演する形が一般的だと思います。

そういうイベントを仮に主催でやるとすれば、他のバンドを集める必要がありますし、

ライブハウス主催のイベントに乗っかるにしても、よそのバンドの主催イベントに

呼んでもらうにしても、人脈がなければ難しくなります。

さらに、PAさんや楽器屋スタッフさんとも親しくなっていれば様々な情報交換が

できますし、人脈を作っておいて損はないです。



ということで「差別化」「発信力」「営業力」について説明しました。

私自身も、この三つがちゃんと出来ているわけではないので、

というか、お客さんを増やしたいとか思うようなバンドを今現在やってないので、

こんなことやっています的な具体的な提示ができていないですが、

初心者~中級者のライブ集客増で悩んでいる方々の参考になればと思います。
関連記事
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。