記事一覧

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【朗報】Fが押さえられない方のためのコツ伝授

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギターっていろいろな弾き方や表現方法があっ

て、練習していく中でたくさんの壁が存在します

が、その中でもほとんどの人がぶち当たり、

もしかしたらギターをあきらめる一番の壁かもし

れない

「Fの壁」

というものがあります。

私が勝手に命名しました。

ギターを弾かない方にはさっぱりわからない話か

もしれませんが、

ギターを弾き始めて、割とすぐにこの壁が立ちふ

さがります。

この

「Fの壁」

を突破するのには私もかなり苦労した記憶があり

ます。

結論から言うと、

「できるまでやるしかない!」

のですけれど、それを言ったらおしまいなので

練習のコツ的なお話です。

Fを押さえるのに何が一番難しいかって、

人差し指を寝かせて(主に)1弦と6弦を押さえる

ことですよね。

これができなくて、Fを押さえるときだけもたも

たしてしまい、曲のテンポに合わせられなくなっ

てしまいがちです。

なので、正確にFを押さえることは一度あきらめ

てください。

まじめな人ほど、あきらめられないので苦労する

んです。

で、あきらめたら、Fを

人差し指で6弦1f

薬指で5弦3f

小指で4弦3fを

押さえる形に変えてみてください。

正確なFのコードとは響きが違いますが、

代用してもそこまで違和感はないはずです。

いわゆるパワーコードって呼ばれるやつです。

そしたら、ゆっくりでいいので

C→F→G

とか

Am→G→F→Em

とかを弾いてみてください。

ここで重要なのは正確に弦を押さえることより、

決まったテンポをキープし続けることです。

もしこれも難しければ、さらにあきらめてくださ

い。

で、あきらめたら、Fを

人差し指で6弦1f

薬指で5弦3fを

押さえる形に変えてみてください。

これでさっきのやつを同じように練習してみてく

ださい。

もう一度言いますが重要なのは、正確に弦を押さ

えることよりも、決まったテンポをキープし続け

ることです。

これによってF(に似た形)へのコードチェンジに

慣れていくことが目的なのです。

できるようになってきたら少しずつテンポを上げ

てみたり、違うコード進行でも練習してみてくだ

さい。

で、自信が着いてきたら

一つ手前にあきらめたやつに挑戦してみてくださ

い。

なんとなくできるようになるのではないでしょう

か。

で、少しづつ慣れてきたらさらに前の段階、

本来のFのフォームに戻ってみてください。

この段階で出来る方もいらっしゃるかもしれませ

んが、まだ厳しい方も多いのではないでしょう

か。

で、次の練習法です。

Fを

人差し指で2弦1f

中指で3弦2f

薬指で5弦3f

小指で4弦3f

の形に変えてみてください。

これは、正式なFの1弦と6弦の1fを押さえること

をあきらめた形です。

これをおさえて、ピックは1弦と6弦に当てないよ

うに弾いてみてください。

1弦を人差し指の腹で、6弦を小指の先とかでミュ

ートできると、もしピックが

当ってしまっても音がでにくいので理想的です。

ちなみにミュートとは、音を出したくない弦に軽

く触れることで音を出さないように

する技術のことです。

このフォームで上記のコードチェンジを練習して

みてください。

鋭い方はお気づきでしょうが、このフォームから

人差し指を寝かせると

正式なFのフォームになりますので、慣れるにはか

なり有効だと思います。



Fに限りませんが、結局は慣れの問題なので時間さ

えかければいつかはできるようになります。

ただ、正式なFの形にこだわって、押さえるのに数

秒以上かかっているようでは

そもそも練習になりません。

そのために、身につきやすい練習方法をご紹介し

たつもりですので、気長に練習してみてくださ

い。
関連記事
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。