FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてのギター選びのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてギターを買う時って、どうやって選べば良いか迷う人が多いと思います。

適当に選んだものがたまたま気に入れば良いですが、普通は後悔することが多いでしょう。

もしかしたら、モチベーションが下がってしまって、ギターをやめてしまうかもしれません。

そこで、今回は初めてギターを買う時に注意してほしいことをご紹介します。


考える要素としては、

①音

②見た目

③予算

といったところでしょう。


----
①音
----

これは、最もこだわりたいところです。

すでに出したい音が明確にあって、その音を出せるギターがどんなギターかわかっている方は、そのビジョンに従って選べば良いと思います。

しかし、初めてギターを買う時って、そういう明確なビジョンは無いことが多いと思います。

かといって、あまりにこだわりなく購入してしまうと、後悔が待っているかもしれません。

なので、自分がどんな音が好きなのかどんな音を出したいのかをよーく考えてみると良いと思います。

てっとり早いのは、気になるギターを楽器屋さんで試奏させてもらうことでしょう。

この時に、アンプの方もあれこれ調整してみた方が良いです。

と言うのは、ギターというのは本体だけではなく、アンプやエフェクター等でもかなり音が変わるからです。

特にLINE6などに代表されるデジタルアンプなんかは、ツマミ一つで露骨に変わりますので。

試奏して気に入って買ったものの、別のアンプを使うと全く違うなんてこともありえる話なので、気を付けておくと良いでしょう。

まあ、試奏用に使わせてくれるアンプは、あんまり個性の強いものではないことが多いですが。

さて、試奏をおすすめしましたが、そうは言っても手当たり次第試奏しまくるわけにもいかないですよね。

楽器屋さんも商売ですし(笑)

なので、試奏をするギターをある程度絞る必要がありますよね。

絞り方は色々ありますが、ギター自体の仕様で考えるのも一つです。

・シングルコイルかハムバッカーか

・コイルタップができるかできないか

・ボリューム、トーンの数

・ボディ・ネックの材質

などなど、あげればきりがないです(笑)

マニアックなものだとサスティナー搭載とか、MIDI出力端子搭載とか。

もし、目標や憧れのギタリストがいるのなら、その人のギターを参考に選んでみてもいいでしょう。

調べれば、そのギタリストの使用機材なんかもわかる場合があるので、そのあたりも参考に。


--------
②見た目
--------

これはもう、個人の好みでいいんじゃないかと思います(笑)

もちろん、見た目(ボディ形状など)も音に影響しますし、ストラトタイプはこういう音、レスポールタイプはこういう音みたいな傾向はあります。

しかし、搭載されているピックアップでもかなり変わってくるので、出したい音が出るのなら見た目重視で問題ないかと。

ピックアップは後で取り替えるっていうことも可能ですし。

特に初めて買う場合は、見た目が気に入らないと弾く気も起きなくなったりしますしね。

ただ、気を付けてほしいことが2つあります。

1.極端に弾きにくくないか。

2.バランスはどうか。

この2つです。

1.極端に弾きにくくないか。

これはあえて説明しなくてもよいかもしれませんが、特に変形ギターだとこういう問題が起こりえます。

よくある例を挙げると、フライングVは座って弾くには弾きにくいです。

ボディ形状を想像してもらうとわかってもらえると思いますが(笑)

2.バランスはどうか。

これは、ストラップを使って、立って弾くときに問題になりやすいです。

ヘッド側が重くて、左手でネックを持っていないとヘッド側がずり下がってしまうことがあります。

滑りにくいストラップを使うことで改善できることもありますが、気になる人には気になると思います。

実は、私が初めて買った(というか買ってもらった)ギターがこのタイプでして。

最初はこんなものなのかなと思っていたのですが、両手を放したときにヘッド側がデローンと下がってしまうのはどう考えてもかっこよくはないなーと後悔しました(笑)


------
③予算
------

当たり前ですが、①・②を満たす理想のギターに巡り合えたとしても、あまりに高額なギターは普通買えません。

初心者が最初のギターとして買うのであれば、そこまで高価なものでなくてもよいと思います。

しかし、極端に安いものでもよいかというと、正直おすすめしません。

メーカーや個体差もあるとは思いますが、やはりあまりに安価なものは総じて作りが雑なことが多く、結果として弾きにくいため上達の邪魔をしてしまうことまであります。

私見ですが、定価で10万円前後以上のものであれば、ある程度品質が安定しているイメージです。

とはいえ、これから続けていけるかわからない楽器に10万円は厳しいですよね。

ただ、ギターを続けて行けば必ず良いギターが欲しくなる時が来ます。

となると、あとは考え方の問題かなと思います。

・1~2万円の激安ギターを買っておいて、続けていけそうならあらためて良いギターを買う。

・いきなり高価なギターを買って、ギターをやめられないように自分を追い込む。

どちらでも良いと思います。

ちなみに私の一台目は、4万円くらいのフェルナンデスのモッキンバードでした(X JAPANのhideモデルの廉価版のやつ)

当時はhide好きなだけのただのド素人だったので、音も何も考えずに見た目だけで買いました(笑)

数年後メタルをやるようになって、どんなにがんばってもこのギターでヘヴィな音は出ないなと。

で、がんばってバイトして、10万円くらいのB.C.Richのイーグルを買いました。

この時初めて、やっぱり値段の差が質の差だよねって思いました(笑)



さて、①音②見た目③予算とお話してきましたが、参考になりましたでしょうか?

この3要素を考えるためには、試奏なり人から借りるなりして、出来るだけたくさんのギターを実際に触ってみて、自分の欲しいギターのイメージを膨らませていくことが大事だと思います。

最初から、欲しいギターの具体的なイメージを固めている人は少ないでしょうから。


長文をお読みいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。