記事一覧

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブ中にギターの音が出なくなった時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加



皆さんは、ライブ中に音が出なくなったことはありませんか?

あれ、かなりあせります・・・

しかも、自分のギターだけになる部分がある曲だと本当にあせります(泣)

てことで、今回は出なくなる原因と対処法を考えていきたいと思います。


ギターの音が突然出なくなる原因でありがちなものを挙げてみますね。


どこかしらのシールドが外れている

ワイヤレスの電池切れ

アクティブピックアップの電池切れ

アンプの電源プラグが外れている

エフェクター類の電池切れ(もしくは電源プラグ抜け)

てなところでしょうか。


こうしてみると、電池切れが原因になっているものが多いですね。

ってことは、事前に新しい電池に入れ替えておくのが良いということですよね。

ですが、エフェクター類は通常、電源プラグもさせるようになっているはずですので、電池はやめて電源プラグを使用するほうが上策だと思います。


で、電池切れが原因でない場合、シールドが抜けていることが考えられます。

ライブだと演奏しながら動き回ったりもするので、気づかないうちにシールドが抜けることはありえることです。

なので、落ち着いてギターからアンプまでの間のシールドをチェックしてみてください。


ちなみに、

ギター → アンプ

みたいに、ギターとアンプの間はシールドがあるだけの状態だと、抜けている個所を探すのは簡単ですが、

ギター → エフェクター1 →エフェクター2 → エフェクター3 → アンプ

みたいに、ギターとアンプの間に複数のエフェクター類があると非常に探しにくく、時間がかかってしまいます。

こんな時には、エフェクター類をエフェクターケースに格納してしまうと良いと思います。

エフェクターケースに各エフェクターをマジックテープ等で固定しておけば、多少引っ張ってしまっても抜けてしまうのは、

ギターとエフェクターの間か、エフェクターとアンプの間に限定できますから、トラブルに強いです。

エフェクターケースがあると、持ち運びも楽ですしね。

色々なサイズや材質のものがあるので、自分に合ったものを選んでください。


あと、ありがちなのは、電源プラグが抜けているパターンですね。

大音量を出しているとアンプは、思っているよりも振動しているので、その振動で電源プラグが緩んで抜けてしまうことがあります。

使用前にしっかり差し込んでおけばたいがい大丈夫だと思いますが、長年使っていると緩みやすくなっていることもあるので、そういう場合はガムテープ等で固定しておくと良いでしょう。

アンプよりも頻度が高いのは、エフェクターです。

足元に置いてあるので、踏んでしまった勢いでエフェクターから電源プラグが抜けてしまうことがあります。

これも、エフェクターケースに格納することである程度は防止できます。(エフェクターケースに誤って足を突っ込んでしまうことはあまりないですからね)

パワーサプライを併用すればさらに安全です。


ここまでのことを一通りチェックしてみて、まだ音が出ないなら、シールドが断線してしまっているかもしれません。

もしそうだと判断したら、シールドを取り替えるしか方法はありません。

すぐに替えのシールドが準備できればいいですけど、どうしてもない場合は、どれかのエフェクターを使うことをあきらめるしかありません。

ですので、ライブの時は最低1本は予備のシールドを持っておくほうが無難です。


まとめると、


・ギター・アンプ間の配線はできるだけシンプルにする。

・電池に頼らない。(電池でしか使えない場合は新品に替えておく)

この2つを徹底すれば、余計なトラブルを回避できますし、万が一の時にも迅速な対処が可能です!


このためには、

・エフェクターケース

・パワーサプライ

・替えのシールド

を用意しておくといいです。

エフェクターケースとパワーサプライのセットがありましたので、リンクを貼っておきますね。
↓↓↓↓
by カエレバ




余談ですが、以前ライブに出た時に対バンのギターが曲中に音が出なくなり、あわてて色々試すんですが何ともならず、そうこうしているうちにギターになる部分が迫ってきていました。

私は、どうするのかなーと内心ニヤニヤしながら見ていたのですが、なんと彼はその部分のギターフレーズを口で歌うことでクリアしてきました(笑)

さすが、ライブ慣れしたギタリストは違うなーと感心させられました。
関連記事
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。