記事一覧

初心者にありがちな、才能についての勘違い

このエントリーをはてなブックマークに追加




よく、

「私には才能が無いから」

というセリフを聞くことがあります。

これは、

「私には(楽器を上手に弾く)才能がないから、練習しても上手くならない」

という意図で発言していることが大半だと思いますが、いかがでしょうか?

みなさんも同じことを言ったり思ったりしていませんか?

はっきり言って、大間違いです。

当たり前のことですが、どれだけすごい才能を持っていても、一度もギターを触ったことがない人がいきなりギターを弾きこなすことはできません。

逆に、仮に全くギター才能がなかったとしても、練習すればその分だけ弾けるようになります。

世の中のギターが上手な人は、上手になるまで練習を続けたから上手くなっただけのことなのです。

「私には才能が無いから」

このセリフを吐く人で、上手になるまで練習している人はいません。

当たり前ですね。

弾きたいものが弾けるようになるまで、ひたすら練習を重ねることが出来る人が上手になるだけのことです。



ただ、上手になるまでひたすらストイックに練習するのはつらいと考える人種もいます。

私もその中の一人です(笑)

そうなると、少しでも楽して上達したいですよね。

このブログのテーマの一つはこの

「楽して上達」

だったりします。

では、どうすればいいのかってことなんですけれども。

これはあらためて記事にしたい部分なんですが、ここで少し紹介すると、

「練習に頭を使う」

ってことです。

よくやってしまいがちな練習に、反復練習というものがあります。

弾けないフレーズを繰り返し弾いて練習するというものです。

反復練習自体が悪いわけではないんですが・・・

みなさん、反復練習中に頭使ってます???

「練習に頭を使う」

というのは、

いつも失敗するフレーズをさらに細かく分けていって、

・そのフレーズのどの部分が出来ていないのか、

・どうして出来ない(やりにくい)のか、

・上手な人はどのように弾いているのか、

考えて練習をしましょうってことです。

今のは一例ですが、ただただ無意識に反復練習しても効果は薄いですから、その効果を上げるには、なぜできないか、どうすればできるのか必死に考えることです。


追記

個人的には、ギター上達に生まれ持った才能的なものは関係ないと思っています。

あるとすれば、

「効率よく練習する才能」



「上手になるまであきらめない才能」

なのかなと。

私もすぐにあきらめてしまう派なので偉そうなことは言えないですが、少なくとも今まで練習してきて、どうしても出来ないこともありましたが、才能を言い訳にしたことだけはありません。

だって、同じ人間ができていることじゃないですか。

それを才能で片づけるのは腹が立つじゃないですか。

自分より上手い人から見たら、それは才能がないわけでもなんでもなく、出来るようになるまで根気が続かなかっただけのことなんですよ。

ギターの最初の壁であるFのコードも、弾けるようになるまで、長い人だと2~3ヶ月かかります。

それでも根気よく練習していれば必ず弾けるようになるじゃないですか。

それと同じことだと思って、練習を続けていくしかないのだと思います。

なんだか説教臭くなってしまってすみません(笑)
関連記事
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント