記事一覧

楽器を習うことで得られる最も大事なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加




みなさんは、既になにかしらの楽器を練習されていますか?

その練習は独学でしょうか??

私の場合は、高校卒業するまではピアノを習っていました。

しかし、ギターに関してはなぜか習いに行くという選択肢は頭に浮かびませんでした。

これ、みなさんはどうでしょうか?





機会があったら習いたいと思っている方は意外と少なくて、独学が当たり前みたいな感じではないかなと思うんですが。

「習うより慣れろ」とは言いますけど、独学派の人って、絶対に損してると思うんですよ。

もちろん、楽器の練習のために時間が無限に使えるのであればあんまり損はないでしょうけど。

学生さんなんかはある意味そうですよね。

私も学生当時はほぼ毎日数時間は練習してましたし、練習というわけでなくてもずっとギターをさわっていました。

でもね・・・、大人になればなるほど自分のために使える時間って減っていくんです(泣)

それに、学生さんでも使える時間が多いとは限りませんよね。

勉強だったりバイトだったり・・・。


で、独学派が何を損しているかというと、

「時間」

です。


独学だと上達するまでの時間がどうしてもかかってしまうんです。

それって、ものすごく損だと思いませんか?

たとえば、初心者でバンドを始めて、学校を卒業するまでにライブをする!って目標を持ったとするじゃないですか。

じゃあそのライブまでに上手くならなきゃ、ライブが出来ないか、出来ても不満が残ってしまって楽しくないですよね。

時間だけは、他のもので穴埋めすることができません。

ですから、少しでも早く上達したいのであれば、少しでも時間を稼ぎたいのであれば、

独学にこだわらず、なんにでも頼るべきなんです!!

別の記事にも書いたことがありますが、
↓↓↓↓
特に初心者の方へ伝えたい楽器上達の方法

上手い人の真似をすることもその方法の一つです。

プライドを捨てて周囲の上級者に教えてもらうこともありです。

ギター教室みたいなところにこっそり通うという方法もありますね。

教室であれば、相手もお金をもらっているプロですから、

とにかく楽器なんて上手くなった者勝ちですから、手段はなんだっていいんです。

私も、長年独学で練習してきた結果、膨大な時間と労力を無駄にしてきました。

もちろん、独学でだって上手くなれますがスピードが全く違います。

それに、自分の演奏を客観的に見て指摘、指導してくれる人がいるかいないかということも大きな差になってくるでしょう。

私はひたすら周りの真似をして上手になってきたタイプなので、指導者というか師匠というか、そのような存在はいませんでした。

おかげでずいぶん回り道をしてきました。

おなじギター歴の人ならもっと上手い人がたくさんいると思います(泣)

少し大げさにかもしれませんが、人生で楽器に費やせる時間ってそんなに多くありません。

みなさんの音楽人生を少しでも充実させるためには、この「時間」という概念をよく考えるといいかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント