FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【悲報】ギターが弾けない人の典型例

このエントリーをはてなブックマークに追加



みなさんは

「暗譜(アンプ)」

という言葉をご存知でしょうか?

ざっくり言うと、

・楽譜を覚えること

・楽譜を見ずに演奏できること

を意味します。

で、ギターが弾けないことと、この暗譜とがどういう関係があるのかという話ですが。





結論から言うと、初心者さんでギターがいつまでたっても弾けない人は、この暗譜が出来ていない場合が圧倒的に多いです。

例をあげると、

楽譜を見て1小節弾いてまた楽譜を見て次の1小節を弾くって繰り返してばかりで、全体を覚えていない・・・

って感じでしょうかね。

ある程度覚えるまでの間はこうなってしまうのは仕方ないですが、最終的には覚えこまなければ弾きこなすことはできません。

ここで大事なことは、

「指に覚えさせる前に、頭で覚える必要がある」

ということです。

最低限、自分が弾くフレーズだけでも。

最終的には曲全体を覚えこみたいところです。

なぜなら、頭で覚えて鼻歌で歌ったりできないものを、ギターで弾けるはずがないからです。

覚えてもいないものを弾けるわけがないというのは、あらためて言われれば初心者さんでも容易におわかりいただけると思います。

だったら、まずは練習している曲をとにかく聞き込んで覚えてしまうことです。

聞きながら楽譜(TAB譜)を見ていくと、より効果が上がります。

曲を覚えることが大事なのは、他にも意味があります。

・楽曲全体を理解し、

・その中で各楽器がどのような役割を担っているのか、

・それぞれのパートがどうすればより全体が良くなるのか、

考えるきっかけになります。

場合によっては楽譜通りに弾くことが正解であるとは限らないことだってありますし。

また、このように楽曲への理解を深めることで、ただ技術的な練習を積み重ねるだけでは身につかない能力が得られます。

そのうちの一つは、コピーをする速度と質が飛躍的に向上することです。

楽曲を理解するスピードが速くなることによって、コピーをする力が上がります。

当然、どこをどう弾けばいいのかも直感的にわかるようになります。

上級者がどんな曲でもある程度まではすぐに弾けてしまうのは、技術的に優れているだけでなく、こういう目には見えない部分が培われているからなのです。

こういう能力は、演奏だけでなく作曲能力にも大きく影響します。

みなさんのギター人生において必ず身に付けておくべきものです。

少し脱線して深い話になってしまいますが、ギターを弾くというと、早くピッキングが出来るとか難しいコードが押さえられるとかそういう手の使い方みたいなところに焦点があたりがちですが、そもそも、ギターに限らず「楽器が弾ける」ということは、ただ弾くことができることを指すわけではありません。

そういう技術的な要素ももちろん大事ですが、頭脳的な部分をおろそかにしてしまうと、ただ弾けるだけで音楽の「演奏」とは呼べないと思います。

楽器にしても歌にしても音楽というのは、どう表現するかで同じ曲でもまったく違ってきます。

極端な話、ピッキングをダウンで弾くかオルタネイトで弾くかだけでも印象が変わって聞こえることだってあるんです。

初心者の方が今からそこまで考えるのは難しいと思いますが、いずれそういうことも考えられるようになってほしいと思います。

断っておきますが、この程度のことはプロレベルでもなんでもなく、世間に普通にいるレベルの話ですからね。

そんなことを考えるのはプロレベルの人だけでしょっ!って誤解されている方がいらっしゃったら困るので一応。

私も、プロでもプロレベルでもありませんし(泣)





関連記事
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。